スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 宮古島(市)情報へにほんブログ村
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

ちょっと怖い話

2013-08-08
ドナドナド~ナ~ドォ~ナァ~
先日、仕事からの帰り道。
前を走っている車に。
DSC_0169_resize_20130808_112516.jpg
牛ではなく豚さんですが。

宮古島(沖縄)では、お祝い・お正月の時などに豚を一頭潰して皆で食べる風習がありました。
現在でも大きなお祝い事の時に精肉店で豚一頭分注文する事がある様です。
狩俣地区では(旧正月だったかな?)順番で豚を用意する家があって、集落で分けていたと聞いた事があります。

他に豚に関する風習ですと、一月頃だったと思いますが。
車で走っていると一部地域で、道路の上の方に縄が張ってあるのを見かけます。
中央部分に何かあるのですが、良く見ると豚の骨。
これ魔よけなんですけど、集落の入り口に張って悪疫・厄を防ぐとか。
話を聞くと大丈夫ですが、予備知識なく見るとちょっと不気味です。
(うろ覚えですけど、ホラー映画のDVDのジャケットであった気がするんですよねぇ)

宮古に来て間もない頃、デイサービスの送迎時に利用者さんを待っていると軽トラが通過。
何気なく見ると、荷台には解体された豚の後足らしきものが乗っていた事が・・・。

豚よりも身近だったのはヤギでしょうね。
今でも車で走っていて見かけます。(過去記事「ショッキングなニュース」)

ヤギはそれこそ近所で潰す機会が多かったそうです。
僕と同年代の方が子供の頃、海で遊んでいて干潮時に沖に行くとヤギの骨が出てきて怖かったとか。
宮古で有名な怪談で「片足ピンザ」と言う話もあります。ピンザは宮古弁でヤギのこと。
(興味のある方「ガングリユマタ 片足ピンザの話」←クリックして下さい)

なんか書いていくにつれて、最初の意図と違い夏っぽい話になりましたけど。
衛生面などを考えると昔のやり方は出来ないでしょうけど、最近の子供は切り身の魚しか知らないとか笑えない話を聞くと、昔の方が生き物に感謝して食する環境だったのかなと思いますね。

おまけ。
宮古島では道に犬・猫が寝てたり、ゆっくり横断したり。
DSC_0183_resize_20130808_082856.jpg
この小さな犬、立ち止りながら道路横断また戻って来てウロウロ、危ないよ~。飼い主は?

Black Sabbath/War Pigs
1970年発表。映像は1974年のCalifornia Jam


よろしかったらクリックお願いします。
↓          ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 宮古島(市)情報へにほんブログ村
スポンサーサイト

開催しますか

2012-04-11
強いです!ホークス5連勝。
まだ始まったばかりですが、8勝2敗の勝率8割
この勢いで行きたいですが、今日の試合は「北九州市民球場」雨で中止かなぁ。

家で野球を観ていると「ケ・ケ・ケ・ケッ!」との声が・・・・。
動き出しましたよ、暖かくなって来たので。
一匹退治しましたけどね。別の方向から聞こえてたんですよねぇ。
あと自分の部屋でも。
我が家ではミサイルよりもヤモリの方が、今そこにある危機ですわw

さて、第28回全日本トライアスロン宮古島大会が4月15日に開催されます。
海外からも含めて抽選による1,500名の選手が参加。
トライアスロンが日本でメジャーになり始めた1985年から開催してます。
当時はまだ宮古島自体が今ほどの観光地では無く。
海外の大会を参考に手探り状態からの開催で、大変な準備だったと思います。
それが島を代表とするイベントになり、子供を含む多くのボランティア、沿道には高齢者を含む多くの応援、島全体が熱く盛り上がる日になりました。
経済効果も大きいと思います。

まあ僕は興味無いので観た事ないんですけどね。
知り合いも出ませんし、交通規制があるので外にも出ません。

大会の成功は願ってますよ。
ただ今回は御承知の通り、ミサイル発射予告期間内です。延期できなかったのでしょうか?
そりゃ色々と大変なのは分かりますよ。
でも北朝鮮がミサイルの発射予告を出したのが3月16日、破壊措置命令の検討が国会で出されたのが3月19日です。

宮古島でトライアスロンの競技実施検討委員会(大会長・下地敏彦市長)が開催されたのが4月3日。(この時点で遅い気もするが)
この時の委員の意見として、「水泳競技の場合は途中で止めるのは困難」「バイクも先頭と後続の選手はかなり離れるので、選手への周知をどうするか」など。
中止することは困難として、中断し、再開することを決めた。

4月10日の宮古毎日新聞。
第3回競技委員会(本村博昭委員長)が9日開かれ、ミサイルが発射された場合は発射情報が発せられ次第、大会を中断し、危険が除去された段階で再開することを決定した。
出場選手への伝達はJアラート(全国瞬時警報システム)を中心に大会役員らが拡声器や旗などで知らせるが、競技している選手を強制的に制止はさせない。
全選手の競技中断を強制するのは、危険が伴う可能性が高いとの判断から実行委は中断の通知をし、中断するか否かの判断を選手に委ねることとした。
つまり、「警報は鳴らし大会は中断としますが、自己責任で自分の身は守って下さい」
と言う事でしょうか。
そもそも大会は中断されてるけど、競技を続行して良いならレースとして成立するのか?

ちなみに大会委員長でもある下地敏彦市長は「宮古島市長の立場で、市民や観光客、大会出場者全ての人の生命の安全対策は市長が最終の判断をする」と述べています。

報道では12日か14日に発射の可能性が高いとされていますね。
僕も「落下の可能性は低い」とは思っていますが、原発の例を見ても危機管理としては甘くないですか。

また万が一の事態になれば、北朝鮮との緊張も高まりませんか?
平和運動されてる方達はどう思ってるのでしょう。
8日にPAC3配備反対の集会をされてましたが、すでに配備が終わってる事を反対するよりも今は「トライアスロン延期」「北朝鮮のミサイル発射反対」を主張された方が危険を防ぐという趣旨には合ってる、と思われますが。

まあ、集会を呼び掛ける新聞への投稿で「トライアスロン中止」を一行程ですが言及されていた方もいらっしゃたので、報道されてない部分もあるのかも知れませんが。

4月11日午前中に宮古島市介護長寿課より、各介護事業所へFAXが送られてきました。
情報提供の方法や介護支援者は情報が常に入る状態にしておく等のお願いがありその後。
「本件に関する情報を入手次第、ただちに屋内へ避難して下さい」だそうです。

トライアスロンのあれだけのボランティア、沿道の応援者の皆さん無事に避難できます?

来年からはきちんと競技として注目されたいですね。
オリンピックの種目になりましたが、宮古島の大会は以前より注目度は下がってる気がします。
内地での報道はどうなんだろう。
オリンピックでは「ショート・ディスタンス(短距離)」スイム1.5km・バイク40km・ラン10kmで競われますが。
宮古島大会は「ロング・ディスタンス(長距離)」スイム3km・バイク155km・ラン42.195km。
完走者はストロングマンとかアイアンマンとか言われます。(厳密な規定は知りませんw)

Black Sabbath/Iron Man(1970)
プロレスファンならやはりこの曲は「ロード・ウォリアーズ」ですなw
ホーク・ウォリアーも亡くなりましたね、合掌。


長文を読んでいただいた皆さん、ありがとうございました。
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 宮古島(市)情報へにほんブログ村
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

hajime

Author:hajime
楽器屋の店員、バーテンダー、
酒屋の配達等を経て
2003年より介護の世界へ
2007年介護福祉士取得、
宮古島に移住。
現在介護支援専門員。

福岡県生まれ、
青春時代は愛知県。

野球はホークス! 
サッカーはグランパス!
お酒はなんでも!
(特にモルト、ジン)
音楽はHR/HM!
(ビートルズは別格)

検索フォーム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
TNT (1)
Kix (2)
CCR (1)

月別アーカイブ
最新トラックバック

RSSリンクの表示
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。